名古屋工業大学ヨット部

新スナイプリーダー挨拶

いつもお世話になっております。2023年度スナイプリーダーを務めます、新4年の酒井瑞生です。2022年度様々な形でご支援をいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

さて、「新」スナイプリーダー挨拶と銘打ってはいますが、新体制幹部の中で僕が唯一2年継続でスナイプリーダーを務めさせていただくことになります。1年前4年生の先輩が引退され、スナイプリーダーになった時、スナイプチームは1,2年生の下級生のみのチームでした。冬の強風では人数はいるにも関わらず実力不足で1艇しか出せない日々でした。そんなチームでしたが、日々の練習が功を奏し2022年度は20位という結果ではあったもののインカレに出場し、全国の舞台を経験することができました。この1年のリーダーやチームとしての経験がどういう意味を持つのか、考えました。その結果、僕は1年後の未来を思い描くことに繋がっているのだと結論を出しました。2023年度の目標は、主将の加藤も書いた通り、

 

【全日本インカレ総合6位】

 

です。これは1年前の僕やスナイプチームでは考えることもできないような目標であったと思います。ですが、今は違います。全国の強豪校の走りを同じ海面を走ることで肌で感じ、目指すべきところが見えています。また、不可能な目標ではないということも同時に感じることができました。このことがインカレに出場したことの一番の成果であり大事にすべきところであると思います。そして、リーダーとしての僕の役割はチーム全体にこの感覚を共有し、持続させることだと思っています。もちろん常にチームを引っ張っていくつもりですが、今回のインカレで全員がいい意味で僕とは関係のないところで引っ張られてくれました。みんながそれぞれに考えて、行動できることもしばらくは持続すると思います。ですが、感覚や感情は1年間は持ちません。嫌になること、やめたくなることも何度もあると思います。この時に上から引っ張ること、これが僕の1番の役割であり義務であると思います。チーム全体のまとまりや想いは明確に目に見えないことでコントロールは難しいことだ思います。ですが、これができなければ総合6位は夢のまた夢です。逆にこれができれば夢ではないと僕は思います。大事な時にチームをまとめられるよう動いていくことをこの1年の目標にしたいと思います。

 

明確な目標ではないですが、できているなら結果が自ずと見せてくれると思います。OB OGの皆様、監督、コーチ、また関係者の皆様、これから1年間走り抜けていきたいと思いますので、今後とも変わらないご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

f:id:meikoyacht:20221201233256j:image